/

阪神・西勇輝「充実していた」 現状維持2億円で更改

阪神の西勇輝投手が2日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉し、4年契約の3年目となる来季の年俸を現状維持の2億円プラス出来高払いでサインした。オリックス時代から3年連続2桁となる11勝(5敗)で防御率2.26。秋山と並ぶチーム最多勝で、阪神加入後2年続けて勝ち頭となり「充実していた」と誇らしげな笑顔を見せた。

契約更改し、記者会見する阪神の西勇(2日午後、兵庫県西宮市の球団事務所)=共同

投球回の147回2/3は大野雄(中日)と1イニング差のリーグ2位。登板21試合で、6回以上投げて自責点3以下の試合が17度を数えた。安定感を示すデータに「この二つが上位に入ることができた」と満足げ。チームが8勝16敗と苦しんだ巨人戦でも3勝を挙げた。

来季も開幕投手を託されることが濃厚だが「後輩の底上げが欲しい。みんなで切磋琢磨していきたい」と高いレベルでの競争を望んだ。藤川が現役を引退し、投手陣の中心として存在感はさらに増す。エースとして「来年、何とか矢野監督を胴上げできるように頑張りたい」とリーグ優勝を掲げた。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン