/

最優秀賞にトヨタ モータースポーツ分科会

東京運動記者クラブのモータースポーツ分科会は17日、2014年の最優秀賞に世界耐久選手権で製造者、ドライバーズ部門の2冠を初めて制したトヨタを選んだ。

優秀選手賞はスーパーフォーミュラで総合優勝し、伝統の耐久レース「ルマン24時間」で日本人初のポールポジションを獲得した中嶋一貴(トヨタ)。特別賞にダカール・ラリーの市販車部門で優勝した三橋淳組(トヨタ車体)が選ばれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン