2019年9月16日(月)

プロ野球

西武・炭谷、FA権を行使 球団は残留交渉を継続

2018/11/7 17:00
保存
共有
印刷
その他

西武は7日、炭谷銀仁朗捕手(31)が海外フリーエージェント(FA)権を行使すると発表した。6日に本人から行使するとの連絡を受けた渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長は「他の評価を聞いてみたいとのことだった。(西武に)残って優勝を目指してほしい気持ちがある」と残留交渉を続ける方針を示した。

炭谷は京都・平安高(現龍谷大平安高)から2006年に高校生ドラフト1巡目で入団。プロ13年目の今季は森が正捕手として台頭し、47試合の出場にとどまり、打率2割4分8厘、9打点だった。通算では1169試合に出場して打率2割1分2厘、31本塁打、271打点。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

巨人の菅野智之投手

 巨人の菅野智之投手が16日、腰痛のために出場選手登録を外れた。腰痛から復帰して15日の阪神戦に登板したが、自らコンディションの不調を訴えて4回4失点で降板していた。レギュラーシーズン中の登板は難しい …続き (12:28)

十一回西武2死、左翼手の失策を誘う飛球を放ち、サヨナラの生還をする木村=共同

 十一回裏2死無走者。西武・木村が左中間に打ち上げた打球は凡飛にみえ、十二回突入か、と思われた。だが、飛球を追う左翼・加藤の足取りがぎこちない。木村にはピンときた。「(この時間、外野への)打球が消える …続き (15日 22:49)

サヨナラ勝ちとなる左飛を放った木村(中央)を祝福する西武ナイン(15日、メットライフドーム)=共同

 パ・リーグは15日、西武が6―5でロッテにサヨナラ勝ちし、ソフトバンクが5―7で日本ハムに敗れたため、ソフトバンクに代わって首位に浮上した西武にリーグ2連覇へのマジックナンバーが「9」で今季初点灯し …続き (15日 18:02)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。