/

バレー福沢、仏リーグへ 20年春のリーグ終了まで

バレーボールのVリーグ男子1部のパナソニックは11日、日本代表アタッカーの福沢達哉(33)がフランスリーグのパリ・バレーへ移籍することが決まったと発表した。パナソニックに籍を置いたまま、期間は来春のリーグ終了までの予定。

福沢は中大4年時の2008年、日本男子16年ぶりの五輪となった北京大会でプレー。15~16年シーズンにはブラジルのスーパーリーグへの移籍も経験した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン