/

西岡2回戦敗退 全豪テニス、第5シードのアンダーソン敗れる

男子シングルス2回戦でプレーする西岡良仁(16日、メルボルン)=共同

【メルボルン=共同】テニスの全豪オープン第3日は16日、メルボルンで行われ、男子シングルス2回戦で西岡良仁(ミキハウス)は第10シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に3-6、3-6、3-6で敗れ、四大大会初の3回戦進出はならなかった。

3連覇を目指す第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)は勝ち、20年連続の3回戦進出。第5シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)がフランシス・ティアフォー(米国)に敗れる波乱があった。

女子シングルス2回戦では昨年覇者で第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が順当勝ちした。

女子ダブルス1回戦で日比野菜緒(ブラス)デシラエ・クラウチク(米国)組が第14シードの加藤未唯(ザイマックス)二宮真琴(橋本総業)組を3-6、6-4、6-3で破った。青山修子(近藤乳業)リジヤ・マロザワ(ベラルーシ)組も勝ち、2回戦に進んだ。

男子シングルスで第8シードの錦織圭、女子シングルスで第4シードの大坂なおみ(以上日清食品)はともに17日に2回戦に臨む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン