/

フィギュア坂本「出来悪かった」 公開練習でジャンプ低調

練習するフィギュアスケート女子の坂本花織(14日、盛岡市)=共同

フィギュアスケート女子で昨季の全日本選手権覇者の坂本花織(シスメックス)は14日、盛岡市内で報道陣に練習を公開した。得意とするジャンプの精度が低く「荒ぶっていた。出来が悪かった」と反省した。

この日は映画「マトリックス」の音楽を使ったフリーの新演目を滑り、ジャンプで2度転倒するなど低調。13日から10日間の合宿でのテーマは体力強化で「常に動き、体力を早急に戻すことをできたら9月の国際大会までに理想の出来の75パーセントはいくと思う」と述べた。

坂本と同じ中野園子コーチに師事する2017年四大陸選手権女王の三原舞依(シスメックス)は、体調不良で合宿はここまで不参加。中野コーチは「体力がなくて食欲があまりない」と説明した。出場を予定していた9月の国際大会を回避し、10月上旬の近畿選手権を目指して調整する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン