2019年8月18日(日)

プロ野球

西武移籍の内海「まずは人間関係」 所沢で初練習

2019/1/23 16:46
保存
共有
印刷
その他

ノックを受ける西武の内海=左(23日、西武第二球場)=共同

ノックを受ける西武の内海=左(23日、西武第二球場)=共同

フリーエージェント(FA)の人的補償で巨人から西武に移籍した内海哲也投手が23日、埼玉県所沢市の西武第二球場での初練習を公開し「順調に仕上がっている。戦力の一人になれるよう、まずは人間関係から築いていきたい」と新天地で意気込んだ。

調整は「今更変えてもあまり変わらない。プロで15年間やってきた経験を生かせるように」と、巨人時代と同様に走り込みが中心。ダッシュや遠投などでしっかり体を動かした。

巨人で通算133勝。西武は経験の浅い投手が多く、開幕投手候補にも挙げられているが「そう言っていただけるのはありがたいが、まずはアピールしないといけない立場」と足元を見詰める。キャンプは1軍主体のA班でスタートする。「首脳陣に使えるなと思ってもらえるようにしたい」と言葉に力を込めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
 1死一、三塁。 …続き (19:21)

4回巨人1死一、三塁、増田大が左越えに先制の2点三塁打を放つ(18日、東京ドーム)=共同

【日本ハム4―4楽天】楽天が3点差を追い付き、延長十二回、5時間15分の末に引き分けた。1―4の四回に和田の適時打で1点を返し、七回に浅村の26号2ランで同点とした。日本ハムは七回に追い付かれたが、十 …続き (19:56更新)

二回、筒香が右中間に通算200本塁打となる2ランを放つ=共同

 一回1死無走者。初対戦となる広島のモンティージャは190センチ、115キロという大型左腕だったが、DeNAの2番・筒香は迷いなく打席に立った。初球の154キロを難なく中前にはじき返し、連敗中は繰り出 …続き (17日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。