/

中日・高橋周平、右小指靱帯断裂 手術も視野

中日は17日、高橋周平内野手(25)が名古屋市内の病院で「右小指橈側側副靱帯断裂」と診断されたと発表した。今後は手術も視野に入れ、早急に治療方針を立てるという。16日まで3割1分9厘でセ・リーグの打率首位に立っていた。

高橋は16日の阪神戦(ナゴヤドーム)で一回、一塁走者として捕手からけん制され、ヘッドスライディングで帰塁してアウトになった際に右手の小指を痛めて二回の守備から退いた。今季から主将を務め、5月の月間最優秀選手(MVP)に選ばれた。今月のオールスターゲームにも出場した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン