/

選抜行進曲に西野カナさんの「もしも運命の人がいるのなら」

第88回選抜高校野球大会(3月20日から12日間・甲子園球場=兵庫県西宮市)の運営委員会が13日、大阪市内で開かれ、開会式の入場行進曲は26歳の女性歌手、西野カナさんの「もしも運命の人がいるのなら」に決まった。

若い世代から人気を集める西野さんの曲が選ばれるのは、今回が初めて。日本高野連を通じて「選手のみなさんが曲を聴いて緊張を和らげ、すてきな瞬間を想像してもらえればうれしいです」とコメントした。

行進曲は、幅広く親しまれ、球春を告げるのにふさわしい曲から選考され、昨年は大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」だった。

大会に出場する32校は29日の選考委員会で決まる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン