/

池江「自分のレースを」 競泳W杯9日開幕

五輪女王に挑む

競泳W杯東京大会を前に記者会見し、写真撮影に応じる池江璃花子(右)とサラ・ショーストロム(中央)ら(7日午後、東京都港区)=共同

競泳のワールドカップ(W杯)東京大会(9~11日・東京辰巳国際水泳場)に出場する有力選手が7日、東京都内で記者会見し、五輪女王のサラ・ショーストロム(スウェーデン)に挑戦する池江璃花子(ルネサンス)は「変な緊張もなく、落ち着いて自分のレースができると思う」と堂々とした口ぶりで述べた。

両者は10月に合同合宿を行った。リオデジャネイロ五輪で池江が得意とする100メートルバタフライを制したショーストロムは「(池江は)驚くべき成長を見せている。私は私で、速くなるために練習を頑張っている」と対抗心を燃やした。

男子平泳ぎの渡辺一平(早大)は「強い選手が集まるので、自分らしいレースをして勝ちたい」と抱負を語った。

W杯は世界各地を転戦する賞金大会で今年は9~11月に7大会実施。第6戦の東京大会は短水路(25メートルプール)で争う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン