/

古川奈穂騎手、左肩治療で長期休養へ 今週末から

日本中央競馬会(JRA)の古川奈穂騎手が、左肩の治療のため今週末から長期休養に入ることが28日、分かった。所属厩舎の矢作芳人調教師は「左肩に違和感があり万全の状態で乗ることができない。手術する方向で考えているので、復帰には数カ月かかると思う。ここまでいい雰囲気で来ていたのに残念です」と説明した。現在JRAの女性騎手は3人いる。古川奈は3月にデビューし、6勝を挙げるなど注目を集める女性ジョッキー。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン