/

審判の差別発言で試合中断 欧州CL、パリSG選手ら抗議

【ロンドン=共同】8日にパリで行われたサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)、パリ・サンジェルマン(フランス)―バシャクシェヒル(トルコ)の試合中に審判員が人種差別的発言をしたとして、選手全員がピッチから引き揚げる前代未聞の事態があった。試合は打ち切られ、9日に審判団を入れ替えて再開することが決まった。

問題となったのはルーマニア人の第4審判の発言。0-0の前半15分ごろ、バシャクシェヒルのコーチ、ウェボ氏がレッドカードを受ける際、主審に「あの黒人」と伝えたという。元カメルーン代表FWの同氏は猛抗議し、両チームの選手も審判団を囲んで無観客の会場が騒然とした。

欧州のサッカー界では観客による差別的な言動が頻繁に問題となっている。欧州連盟(UEFA)は深刻な場合は主審に試合を打ち切る権限を与える指針を出しているが、今回は審判員が問題を起こすという想定外のトラブルが発生した。

差別問題の根深さが浮き彫りになり、両チームはそろって差別反対の姿勢を明確に打ち出して連帯感を示した。パリSGのスター選手、エムバペはツイッターでウェボ氏に「われわれはあなたとともにいる」と支持するメッセージを投稿した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン