プロ野球

巨人・高橋監督は来季も続投 オーナーが方針示す

2017/9/13 17:03
保存
共有
印刷
その他

巨人の老川祥一オーナーは13日、東京都内で開かれたオーナー会議後に、高橋由伸監督(42)を来季も続投させる方針を示した。来季が3年契約の最終年で「既に決まっている話」と述べ、仮に今季リーグ4位以下に終わったとしても「特段、議論する段階にはない。議論する必要がないと思っている」と明らかにした。

今季は5月下旬から球団ワースト記録となる13連敗を喫したが、立て直して現在はクライマックスシリーズ(CS)進出を争う位置にいる。「非常に厳しい、苦しい状況でも耐え抜いて、ここまで持ってきた。これは評価するところだと思う」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神戦に先発した広島・森下=共同


 プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプ …続き (14日 23:10)

 日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5千人で継続すると発表した。
 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立っていないため上限を緩和するのを見送った。 …続き (14日 18:35)

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

【西武13―8楽天】西武が今季最多の13得点で連敗を7で止めた。6―7の五回に金子や高木の適時打など6連続を含む7長短打で一気に6点を奪った。四回から継投に入り2番手の今井が3勝目。楽天は則本昂が誤算 …続き (14日 22:24更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]