/

東京五輪、バスケットの大阪開催提案 IOC委員長

記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(右)とIOCのコーツ調整委員長(19日午後、東京都内のホテル)=共同

国際オリンピック委員会(IOC)と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会などが準備状況を確認する第2回事務折衝が19日、終了し、記者会見したIOCのコーツ調整委員長はバスケットボールの1次リーグについて「ほかの都市や地方でやることもあり得る」と話し、事務折衝で候補に大阪を提案したことを明らかにした。

組織委の森喜朗会長はバドミントンとバスケットボール、水球、トライアスロン、セーリングなどの会場見直しを報告し、コーツ委員長は「きちんと進展していることが分かった」と評価した。

事務折衝は2日間で、この日は組織委や東京都が建設コスト削減などのために取り組んでいる会場計画見直しや財務、スポンサー集めの進捗状況を報告した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン