プロ野球

ヤクルト青木、3億4000万円で更改 20年が契約最終年

2019/12/4 16:57
保存
共有
印刷
その他

ヤクルトの青木宣親外野手は4日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3年で総額10億円の契約最終年となる来季は年俸3億4千万円でサインした。今季は打率2割9分7厘、16本塁打、58打点と奮闘したがチームはセ・リーグ最下位に終わり「自分たちの戦いができず、悔しいシーズンだった」と振り返った。

契約更改交渉を終え、記者会見で来季の目標を掲げるヤクルトの青木(4日、東京都内の球団事務所)=共同

契約更改交渉を終え、記者会見で来季の目標を掲げるヤクルトの青木(4日、東京都内の球団事務所)=共同

来年1月5日に38歳の誕生日を迎える。村上宗隆内野手ら後輩と1月に米ロサンゼルスで合同練習を行う予定で「何とか優勝したい。誰よりも、一番打ちたい」と来季へ意気込んだ。

ドラフト1位で入団する奥川恭伸投手(石川・星稜高)について「才能がある投手。1年目から、がんがん行くという気持ちを持って」と笑顔でエールを送った。

中山は200万円増の1500万円、山中は600万円減の2千万円、久保は100万円増の700万円で契約を更改した。(金額は推定)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神戦に先発した広島・森下=共同


 プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプ …続き (14日 23:10)

 日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5千人で継続すると発表した。
 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立っていないため上限を緩和するのを見送った。 …続き (14日 18:35)

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

【西武13―8楽天】西武が今季最多の13得点で連敗を7で止めた。6―7の五回に金子や高木の適時打など6連続を含む7長短打で一気に6点を奪った。四回から継投に入り2番手の今井が3勝目。楽天は則本昂が誤算 …続き (14日 22:24更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]