/

バドミントン郡司「ロス五輪で金メダル」 入団会見で意気込み

バドミントンの強豪チーム、再春館製薬所は25日、熊本県益城町で2021年度新入団選手の記者会見を行い、女子シングルスで昨年の世界ジュニア選手権覇者の郡司莉子(熊本・八代白百合学園高)は「ずっと入団したかったチームの一員になれてうれしい。パリ五輪は出場を目標に、ロサンゼルス五輪で金メダルを取れるようにしたい」と意気込みを述べた。

バドミントン再春館製薬所の新入団選手の記者会見でポーズをとる郡司莉子。奥は山口茜(25日、熊本県益城町)=共同

同種目で憧れの山口茜とチームメートになる。18歳の有望株は「ライバルと呼ばれるように頑張りたい」と成長を期した。山口は入団を歓迎し「練習姿勢やプレーで引っ張り、何かを感じてもらえたら」と話した。

広上瑠依(福島・ふたば未来学園高)、加藤佑奈(青森山田高)、金広美希(山口・柳井商工高)も入団する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン