/

オリックス山本、マスク寄贈 「何ができるか考えた」

オリックスは13日、山本由伸投手が新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者を支援するため、マスク約200万円分を大阪府内の医療機関に寄贈すると発表した。6月中旬に贈る予定。

山本は球団を通じ「医療現場の方々が、日々、大変な思いで対応に当たられていること、またその現場でマスクなどが不足しているというニュースも見聞きしている中で、何かできることはないかと考えていた」などとコメント。「シーズン終了後には勝利数に応じて、必要な機関に寄贈を行っていきたい」との考えも示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン