/

柔道五輪代表の原沢、国際合宿を辞退 参加選手は大野のみ

全日本柔道連盟は5日、東京五輪男子100キロ超級代表で前回リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)がロシアのカザンで9~14日に行われる国際合宿への参加を辞退したと発表した。参加選手は男子73キロ級で東京五輪2連覇を狙う大野将平(旭化成)だけとなった。

スタッフは日本男子の井上康生監督ら3人。日本男子重量級担当の鈴木桂治コーチの派遣もなくなった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン