/

WEリーグ、外国人選手獲得に補助金

9月に開幕するサッカー女子のWEリーグは24日、オンラインで理事会を開き、外国人選手を獲得するクラブへ補助金を支給することを決めた。金額は未定で、対象は米国やドイツなどの国際サッカー連盟(FIFA)ランキング上位国の選手を想定している。

また東南アジア諸国連合(ASEAN)の選手を獲得する場合、日本サッカー協会が各クラブに上限300万円の補助金を交付することも報告された。

オンラインで記者会見した岡島喜久子チェアは、9月第2週に予定される開幕戦の会場について「ぜひ新国立で、という意見を多くいただいた」と述べ、東京・国立競技場での開催に改めて意欲を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン