スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

納谷「努力して関取めざす」 大鵬の孫、2人目角界入り

2019/10/17 20:49
保存
共有
印刷
その他

大相撲で昭和の大横綱大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の四男、埼玉栄高3年の納谷幸成(18)が16日、さいたま市の同高で大嶽部屋への入門を表明し「一生懸命努力して、ゆっくりでもいいので関取を目指して頑張りたい」と語った。九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で初土俵を踏む予定。

納谷は183センチ、135キロで押し相撲を得意とする。高校の先輩で関脇貴景勝らの活躍に刺激を受け、今年の全国高校総体では決勝トーナメントに進出。相撲部の山田道紀監督は「将来性があるし、化けるだけの素質はある」と期待した。

3番目の兄で幕下の納谷(大嶽部屋)からは「高校と違ってプロは甘くないぞ」と激励されたという。デビュー前から注目を集め「ありがたいこと。人間性が良くないと応援されないので、感謝の気持ちをもってやる」と力を込めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

照強(右)を攻める若隆景。勝負を決めた後、土俵下に落ちて負傷した(13日、福岡国際センター)=共同

 大相撲の東前頭16枚目で新入幕の若隆景(荒汐部屋)が九州場所4日目(13日)の照強戦に寄り切りで勝ち4連勝とした際に右足首を痛めたため、5日目(14日)から休場することが分かった。師匠の荒汐親方(元 …続き (13日 22:28)

朝乃山(左)が寄り切りで妙義龍を下す=共同

 立ち合いですぐに右を差すと、迷わずぐんぐん前に出た。三役経験豊富な実力者の妙義龍に何もさせないほど、朝乃山の相撲は盤石だった。「相手は押し相撲なので、土俵際の突き落としに気をつけて寄り切った」と、最 …続き (13日 22:10)

 大相撲の東前頭16枚目で新入幕の若隆景(荒汐部屋)が九州場所4日目の13日、照強を寄り切って4連勝とした一番で右足首を負傷した。5日目の出場については「大丈夫。分からないけど」と言葉を濁した。
 勝負 …続き (13日 21:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]