2019年5月22日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

院生ボクサー坂本が世界戦 IBFフライ級、31日マカオで

2018/12/5 19:28
保存
共有
印刷
その他

世界戦初挑戦を発表し対戦相手の写真を手にポーズをとる、大阪市立大大学院生でIBFフライ級の坂本真宏選手(5日午後、大阪市)=共同

世界戦初挑戦を発表し対戦相手の写真を手にポーズをとる、大阪市立大大学院生でIBFフライ級の坂本真宏選手(5日午後、大阪市)=共同

国際ボクシング連盟(IBF)フライ級15位で、大阪市立大大学院生の異色ボクサー坂本真宏(六島)が31日にマカオで同級チャンピオンのモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑戦すると5日、所属ジムが発表した。

27歳の坂本は堺市出身で、世界初挑戦。2014年12月にプロデビューし、17年12月に世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・フライ級王座を獲得した。

マカオの大みそかの興行では井岡一翔が4階級制覇を目指すWBOスーパーフライ級王座決定戦も行われ、2階級制覇を狙う京口紘人(ワタナベ)が世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者に挑む。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

英国から帰国し、取材に応じる井上尚弥(21日、羽田空港)=共同

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で国際ボクシング連盟(IBF)王者を2回TKOで下し、世界ボクシング協会(WBA)とIBFの同級2団体の王者となった井上尚弥(大橋) …続き (21日 21:16)

 【ジュネーブ=共同】2020年東京五輪の実施競技からボクシングが除外の危機にある問題で、国際協会(AIBA)は20日、国際オリンピック委員会(IOC)の調査委員会に改革の状況を報告した。IOCは別団 …続き (21日 8:27)

WBSSバンタム級準決勝で勝利した井上尚弥(左)と決勝で対戦するノニト・ドネア

 18日に英国グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、井上尚弥(大橋)がKO勝ちして決勝に駒を進めた。「階級最強」の勲章をかけて最後に対するのは、5階 …続き (20日 19:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]