2019年2月17日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

院生ボクサー坂本が世界戦 IBFフライ級、31日マカオで

2018/12/5 19:28
保存
共有
印刷
その他

世界戦初挑戦を発表し対戦相手の写真を手にポーズをとる、大阪市立大大学院生でIBFフライ級の坂本真宏選手(5日午後、大阪市)=共同

世界戦初挑戦を発表し対戦相手の写真を手にポーズをとる、大阪市立大大学院生でIBFフライ級の坂本真宏選手(5日午後、大阪市)=共同

国際ボクシング連盟(IBF)フライ級15位で、大阪市立大大学院生の異色ボクサー坂本真宏(六島)が31日にマカオで同級チャンピオンのモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑戦すると5日、所属ジムが発表した。

27歳の坂本は堺市出身で、世界初挑戦。2014年12月にプロデビューし、17年12月に世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・フライ級王座を獲得した。

マカオの大みそかの興行では井岡一翔が4階級制覇を目指すWBOスーパーフライ級王座決定戦も行われ、2階級制覇を狙う京口紘人(ワタナベ)が世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者に挑む。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

記者会見でポーズをとるWBAバンタム級王者の井上尚弥。左は父の真吾さん、右は大橋秀行会長(16日、横浜市)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が16日、横浜市の所属ジムで記者会見し、「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝(5月18日・英 …続き (16日 20:43)

 日本ボクシング連盟は15日、3月に予定していたアジア選手権代表選考会を中止すると発表した。アジア選手権を、2020年東京五輪で採用される体重階級ではなく現行の階級で実施するとの通知があったため。
 代 …続き (15日 23:03)

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会で初戦の2回戦敗退に終わった男子66キロ級世界王者の阿部一二三(日体大)が14日、羽田空港に帰国し「この負けを受け入れ、さらに成長できるように自分を見つめ直したい …続き (14日 17:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]