プロ野球

巨人・亀井、1億1000万円で更改 初の大台「小学校からの夢」

2019/11/27 16:47
保存
共有
印刷
その他

巨人の亀井善行外野手が27日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4千万円増の年俸1億1千万円でサインした。プロで15年間プレーして初めて大台を突破し「小学校からの夢だったからそこに乗せられたのはうれしく思う。さらに上を目指して頑張りたい」とうなずいた。

契約更改を終え、笑顔で記者会見する巨人の亀井善行外野手(27日、東京・大手町の球団事務所)=共同

契約更改を終え、笑顔で記者会見する巨人の亀井善行外野手(27日、東京・大手町の球団事務所)=共同

今季は定位置を獲得し、131試合に出場して打率2割8分4厘、13本塁打、55打点で5年ぶりのリーグ優勝に貢献し「ジャイアンツでレギュラーを取るのは大変だなと実感している」と息をついた。中大の先輩でもある阿部が引退し、来季はチームの野手最年長となる。「阿部さんのようにはできないが(主将の坂本)勇人の相談とか、サポートをしてあげられたら」と決意を語った。

また、桜井俊貴投手はプロ初勝利を含む8勝を挙げ、2千万円増の3千万円で契約を更改し「初勝利できてほっとした。自信がついた」と目尻を下げた。田中俊太内野手は100万円増の1700万円、田原誠次投手は400万円減の3200万円でサインした。(金額は推定)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神の生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)が22日、来季の去就について球団と話し合ったことを明らかにし、球団を通じ「タイガースのユニホームを着て、皆さんの前でプレーするのは今季が最 …続き (18:08)

 日本ハムの吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)は22日、札幌ドームで取材に応じ、今季就任9年目の栗山英樹監督の去就について「現状は何も決まっていない。シーズンの全日程が終わるまでは何も決定しない」と強調 …続き (16:12)

 阪神が、生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)について、来季の戦力構想外を検討していることが22日、関係者への取材で分かった。プロ16年目の左腕投手は今季、30試合に救援登板して1勝 …続き (12:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]