/

バド高橋礼華が引退表明 リオ五輪女子複で金

バドミントン女子ダブルスの2016年リオデジャネイロ五輪金メダリスト、高橋礼華(30)が19日、ペアを組む松友美佐紀(28)=ともに日本ユニシス=とオンラインで記者会見し、今月限りでの現役引退を表明した。松友は混合ダブルスを軸に現役を続ける意向を示した。

高橋礼は声を震わせながら東京五輪延期などに触れ「あと1年、自分の気持ちと体が持つのかなという気持ちがあり、自分の素直な気持ちをパートナーの松友選手、日本ユニシスに伝えたところ、意思を尊重してくれ、今回の決断となった」と説明した。

「タカマツ」ペアの愛称で親しまれる2人は2連覇が懸かる東京五輪の出場を目指したが、五輪切符2枚を巡る日本勢の争いで3番手にとどまっており、出場が厳しい状況だった。

高橋礼と1学年下の松友は宮城・聖ウルスラ学院英智高時代にペアを結成。14年に現行のランキング制度で全種目を通じて日本勢初となる世界1位になり、リオ五輪では日本バドミントン界初の金メダルに輝いた。日本一を決める全日本総合選手権も5度制した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン