/

西武・源田「日本一が一番」 3年目へ守備向上目指す

練習を公開し、テニスボールを使ったノックを受ける西武・源田(9日、愛知県豊田市)=共同

セ、パ両リーグで初めて新人から2年連続でフルイニング出場を果たした西武の源田壮亮内野手が9日、愛知県豊田市で練習を公開し「チームの日本一が一番の目標。最後にタイトルがついてきてくれれば」と3年目のシーズンに向けて意気込んだ。

昨季はゴールデングラブ賞を獲得したが、11失策を記録。「もう一度、守備の基本を徹底してやっている」と失策を減らすことを目指している。この日はトヨタ自動車時代に守備を向上させた練習だというテニスボールでノックを受け、余計な力を抜いた捕球を体にしみこませた。

打撃では「今までは操作性重視だったが、強い打球を打ちたい」と、バットを従来のものより重心が先端にある、昨季限りで引退した松井稼頭央2軍監督が使っていたものと同じ形に変更。「まだ全然使いこなせていない」と言うものの、さらなる進化へ貪欲だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン