/

巨人、新人合同練習開始 原監督が訓示「野球博士になろう」

新人合同自主トレでダッシュする巨人・高橋(9日、川崎市のジャイアンツ球場)=共同

巨人の新人合同練習が9日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、体調不良の2選手を除き、育成選手を含む8人が参加した。原辰徳監督ら首脳陣が見守る中、ランニングやダッシュなどで体を動かした。ドラフト1位の高橋優貴投手(八戸学院大)は「いつも以上に緊張したが、いい練習ができた」と充実感をにじませた。

練習前に原監督が「コンディションをつくるということが大事。野球選手になったからには野球博士になろう。平等に時間は与えられている」と訓示。高橋は「巨人の一員になるため自覚と責任を持って頑張っていく」と気を引き締めた。

2位の増田陸内野手(茨城・明秀学園日立高)、育成3位の沼田翔平投手(北海道・旭川大高)は不参加だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン