/

乾「上だけ見て挑戦」 AS五輪代表8人選出、7人は初出場

日本水連は4日、アーティスティックスイミング(AS)の東京五輪代表に、乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)ら8人を選んだと発表した。五輪経験者は3大会連続出場となる乾だけで、残りの7人は五輪初出場となる。乾は東京都内で取材に応じ「上だけを見て、挑戦する気持ちを持っていきたい」と抱負を語った。

世界に対抗するため、チームのジャンパーを務める163センチの京極おきな(井村ク)以外は166センチ以上の長身選手で構成された。フレッシュな陣容で、デュエット、チームともに3位に入った2016年リオデジャネイロ五輪に続くメダル獲得を目指す。

乾、吉田、京極のほかは、木島萌香、福村寿華、安永真白(以上井村ク)塚本真由(東京ク)柳沢明希(アテナアクアメイツ)が選ばれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン