/

ボクシング寺地、不祥事をJBCに報告 12月世界戦は中止

世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の寺地拳四朗(BMB)が2日、東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)を訪れ、7月に酩酊して他人の車を破損させたことの謝罪と報告を行った。今後はJBCの倫理委員会で処分の有無などが協議される。不祥事を受け、12月19日に大阪市で計画されていた8度目の防衛戦は中止となった。

日本ボクシングコミッションを訪れ、謝罪報告後に取材に応じるWBCライトフライ級王者の寺地拳四朗(右)と父で所属ジムの寺地永会長(2日、東京都内)=共同

寺地は「JBCの判断を待ちます。被害者の方に申し訳ない気持ちでいっぱい」と神妙に話した。父で所属ジムの寺地永会長は「厳しい判断が下される可能性も覚悟している」と述べた。11月に警察からの呼び出しを受けて初めて事態を把握。被害者とは示談が成立した。

JBCの安河内剛事務局長は「寺地選手は相当に反省している様子で、自分がやったことの責任を痛感しているのがうかがえた」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン