プロ野球

ヤクルト小川、6月後半開幕方針に「気持ちのスイッチ入れる」

2020/5/14 5:00
保存
共有
印刷
その他

ヤクルトの小川泰弘投手が13日、テレビ会議アプリで取材に応じ、セ、パ両リーグが6月後半に開幕を目指すと決めたことを受け「日程が決まっていけば気持ちのスイッチを入れられる。本当は開幕までに4試合は投げたいが、工夫して実戦感覚をつかんでいきたい」と歓迎した。

テレビ会議アプリで取材に応じる、ヤクルトの小川泰弘投手(13日)=球団提供・共同

テレビ会議アプリで取材に応じる、ヤクルトの小川泰弘投手(13日)=球団提供・共同

自主練習が続いた4月は開幕のめども立っていなかったため、強度の高いランニングで体を追い込んだという。「今は柔軟性を出しながら体の機能を整えている。遠投も増やし、球の強さを感じている」と自らを高めながら実戦の再開を待っている。

3月のオープン戦期間中は石川雅規投手と開幕投手を争った。高津臣吾監督に指名されたのは石川で「監督の意向や作戦もあるが、選ばれなかったことは悔しい。これを糧にして、開幕したら一つでも多く勝つことが重要」と気持ちを新たにしていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

六回2死満塁、小深田が左翼線に逆転の2点二塁打を放つ

 西武・平良が投じた154キロの速球に詰まったことが幸いした。1点を追う六回2死満塁。楽天の小深田が捉えた打球がフラフラと左翼線に上がる。守備陣が懸命に追いかけるが届かない。ポトリと落ちた打球がはねて …続き (11日 23:03)

2回ソフトバンク2死二塁、柳田が中越えに2ランを放つ(11日、ペイペイドーム)=共同

【ソフトバンク8―7オリックス】ソフトバンクは中村晃と柳田の2ランなどで二回までに5点を先行。5―6とされた六回は柳田の14号3ランで逆転した。千賀が6回6失点も4勝目を挙げた。オリックスは4連敗。山 …続き (11日 22:06)

 日本野球機構(NPB)と12球団は11日、プロ野球実行委員会をオンラインで開き、中日がA・マルティネス捕手とロドリゲス投手の新人王資格を申請して承認された。〔共同〕 …続き (11日 19:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]