プロ野球

台湾チーム、西武・阪神との交流試合中止 日本で肺炎感染警戒

2020/2/12 13:29
保存
共有
印刷
その他

プロ野球西武と阪神は12日、高知県内で予定されていた台湾プロ野球の統一との試合を中止にすると発表した。西武によると統一が新型コロナウイルスによる肺炎感染を警戒し、中止を申し出たという。

西武は高知市の高知県立春野野球場で19、21日に交流試合を、阪神は20日に安芸市営球場で2軍が練習試合を予定していた。

西武によると、統一から「現在、チーム関係者に感染者はおらず、体調管理や感染防止に万全を期しているものの、仮に感染者が出た場合、ファンの皆さまや対戦球団の運営に影響が出ることを考慮して試合を中止したい」と説明を受けた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスは30日から、チームとしての活動を休止した。1軍・2軍の選手や監督、コーチ、チームスタッフが対象で、球団は不要不急の外出も控 …続き (16:53)

西武・松坂大輔投手=共同

 西武は松坂大輔投手が右膝のコンディションを上げるために28日に注射を打ち、数日間は全体練習とは別のメニューで調整すると発表した。30日、メットライフドームで行われた練習ではグラウンドに姿を見せなかっ …続き (15:47)

チーム活動の一時休止が決まったソフトバンクの工藤監督(30日、ペイペイドーム)=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ソフトバンクは30日、チームの活動を31日から一時休止すると発表した。28日から休止しているロッテは31日から再開する予定だったが、4月5日まで延長することを決め …続き (15:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]