/

DeNAドラ1入江、初のブルペン入りで25球 開幕1軍見据え

DeNAのドラフト1位新人の入江大生投手(明大)が13日、神奈川県横須賀市での新人合同自主トレーニングで初めてブルペンに入り、調整のペースを上げてきた。捕手を立たせて直球を25球。「(感触は)135キロくらい。キャンプまでに145キロを目標に投げたい」と声を弾ませた。

新人合同練習で調整するDeNA・入江(13日、神奈川県横須賀市)=球団提供・共同

187センチの長身から投げ下ろす本格派右腕。傾斜で投げる際の指先の感覚と体重移動をチェックポイントに挙げ「5割くらいでと思ったが(関係者に)見られていて力が入った。実際は7割くらい」と照れ笑いを浮かべた。

本格的な投球練習はキャンプイン直前まで控える方針だが、今後も隔日でマウンドから投げる予定。「開幕1軍、一年間1軍に居続けるのが目標。早い段階で仕上げてアピールしたい」と意欲的だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン