スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱白鵬が初場所休場 「加療2週間」と診断書

2020/1/15 13:02
保存
共有
印刷
その他

大相撲の東横綱白鵬(34)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が初場所4日目の15日、日本相撲協会に「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織炎。今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、場所前に負った右足の傷から菌が入って蜂窩織炎になり、14日夜から発熱。2日目の平幕遠藤戦で敗れた際に土俵で腰を強打し、炎症もあるという。2場所連続44度目の優勝を狙ったが、3日目にも平幕妙義龍に敗れて2日連続で金星を与え、1勝2敗と不振だった。これで鶴竜の一人横綱となった。

宮城野親方は「年を取ってきているし、いろんなところにけがが出てくる。少しずつ治しながら体と付き合っていくしかない」と話した。

昨年9月に日本国籍を取得した白鵬の休場は、同月の秋場所以来で2場所ぶり14度目。4日目に対戦が組まれていた北勝富士は不戦勝。

今場所の十両以上の休場者は3人となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

豪栄道=共同

 日本相撲協会は28日、大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=の現役引退と年寄「武隈」の襲名を発表した。今後は境川部屋付きの武隈親方として後進を指導する。かど番の初場所で負け越し、 …続き (12:20)

横綱審議委員会の定例会合後、記者会見する矢野弘典委員長(27日午後、東京・両国国技館)=共同

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は27日、東京・両国国技館で定例会合を開き、初場所の序盤戦で途中休場した白鵬、鶴竜の両横綱に奮起を促した。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「第一人者 …続き (27日 20:40)

初優勝し、賜杯を手に笑顔を見せる豪栄道(2016年9月)

 大相撲の西大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が引退の意向を固めたことが27日、わかった。師匠の境川親方(元小結両国)を通じて日本相撲協会に伝えた。自身9度目のかど番で迎えた初 …続き (27日 20:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]