プロ野球

西武、週末は自宅待機へ 辻監督「開幕にベストを」

2020/4/1 13:13
保存
共有
印刷
その他

西武は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3~5日は練習をせず、1、2軍ともに自宅待機にすると発表した。メットライフドームでの全体練習前に飯田光男球団本部長が監督、コーチ、選手、スタッフを集めて通達した。

6日以降については、3日に予定される、サッカーのJリーグと連携した新型コロナウイルス対策連絡会議の内容を踏まえて判断する。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「まずは感染者を出さないことがチームとして大事」と話し、辻発彦監督は「選手としては体力維持が大変だが、どんな状況でも、開幕にベストを持っていけるようにやる」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトの新外国人投手イノーアは1日、2日に中日と行う練習試合での先発に備えて神宮球場で調整した。新型コロナウイルス感染症の影響で遅れている開幕も19日に決まり「こういう状況の中で野球ができて何より …続き (5:01)

 西武の辻発彦監督は1日、公式戦の序盤の日程が発表されたことを受け「やるしかない。一試合一試合、一戦必勝でやっていく」と球団を通じて意気込みを語った。
 日本ハムとの開幕3連戦後にソフトバンク、オリック …続き (1日 20:01)

 広島の佐々岡真司監督は1日、監督としての初陣が横浜スタジアムでのDeNAとの3連戦に決まり「開幕に向けてしっかり準備をしていきたい」とコメントした。19日の開幕から、7月3日に本拠地に戻るまで、長期 …続き (1日 20:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]