/

プロ野球、練習試合71試合 東西に分かれ6月2~14日

プロ野球12球団は27日、セ、パ両リーグ公式戦の開幕前に行う無観客の練習試合の日程を発表した。新型コロナウイルス感染防止のため、名古屋以東の8球団と関西以西の4球団の2グループに分かれて開催地を集中させて移動を抑える。6月2日から14日まで、各球団11~12試合の計71試合が組まれた。

東の巨人、ヤクルト、DeNA、中日、日本ハム、楽天、西武、ロッテは関東地方の本拠地球場とナゴヤドームを使用する。移動リスクを低減させるため、札幌ドームと楽天生命パーク宮城での開催は見送られた。西の阪神、広島、オリックス、ソフトバンクはそれぞれの本拠地で試合が組まれている。

2軍のイースタン・リーグは6月2~17日に計37試合、ウエスタン・リーグは同2~18日に計30試合の練習試合を予定している。

日本野球機構(NPB)が公式戦開催へ備え作成しているガイドラインに沿って感染予防策を講じ、移動は主にバスで行う。公式戦は1、2軍とも6月19日に無観客で開幕する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン