サッカー

ミャンマー八百長でFIFA調査 サッカーW杯2次予選

2020/2/19 12:26
保存
共有
印刷
その他

国際サッカー連盟(FIFA)が2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で日本と同じF組のミャンマーに八百長の疑いがあるとして調査していると18日、AP通信が報じた。ミャンマーは3月26日に日本と対戦予定。

昨年10月のキルギスに0-7で大敗した試合が調査の対象。FIFAは声明で「試合を不正に操作した者は最低5年の資格停止など厳しい処分の対象となる」と述べた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でJリーグの公式戦日程が白紙に戻ったことを受け、複数のクラブが4日、相次いで活動休止を発表した。
 J1は浦和が5~18日まで、湘南が5~19日まで休止する。8日まで …続き (4日 23:23)

 【ベルリン=共同】来夏に延期となった東京五輪のサッカー男子の出場資格について、国際サッカー連盟(FIFA)の作業部会は3日、「1997年1月1日以降生まれで、3人まではオーバーエージ(OA)枠を認め …続き (4日 20:53)

 J1浦和は4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響でJリーグの公式戦日程が白紙に戻ったことを受け、5~18日の活動休止を発表した。
 FW興梠慎三は「一人一人が真剣に向き合わないと(感染拡大は)終わらな …続き (4日 20:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]