サッカー

ミャンマー八百長でFIFA調査 サッカーW杯2次予選

2020/2/19 12:26
保存
共有
印刷
その他

国際サッカー連盟(FIFA)が2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で日本と同じF組のミャンマーに八百長の疑いがあるとして調査していると18日、AP通信が報じた。ミャンマーは3月26日に日本と対戦予定。

昨年10月のキルギスに0-7で大敗した試合が調査の対象。FIFAは声明で「試合を不正に操作した者は最低5年の資格停止など厳しい処分の対象となる」と述べた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーの米プロリーグMLSでフィラデルフィアを本拠地とするユニオンは1日、選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。AP通信によると、同リーグの選手で感染が確認されたのは初め …続き (11:05)

 J1のG大阪は2日までに新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、トップおよびU―23(23歳以下)チームの活動を13日まで休止することを決めた。
 対象となるのは選手、監督、コーチ、スタッフで、クラブ …続き (11:04)

 【ベルリン=共同】欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況を踏まえ、加盟各国、地域が参加してテレビ会議を開き、決勝の延期が決まっている欧州チャンピオンズリーグ(CL …続き (0:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]