その他スポーツ

アフリカで初のパラ大会 20年1月、東京大会予選

2019/4/3 21:20
保存
共有
印刷
その他

国際パラリンピック委員会(IPC)は2日、来年1月にモロッコの首都ラバトで2020年東京大会の予選を兼ねた国際総合大会「アフリカ・パラ大会」を実施すると発表した。アフリカ大陸でパラスポーツの大会を開催するのは初めて。

大会にはアフリカの国と地域から約1200人の選手が参加する見込み。陸上、ゴールボール、シッティングバレーボール、車いすバスケットボールなど7競技を実施する予定。

アフリカではパラスポーツの普及が課題となっており、IPCのパーソンズ会長は「これはパラ運動にとって歴史的な出来事だ。アフリカのパラアスリートは東京大会に向けて、より多くの観客の前で実力を示す機会を得た」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 世界陸連は3日、1年延期された東京五輪の出場資格獲得方式を発表し、リレー種目は来年5月1、2日にポーランドで開かれる世界リレー大会の上位8チームにも出場権が与えられることになった。リレーは五輪で5種 …続き (11:52)

 日本自転車競技連盟は4日、1年延期された東京五輪のトラック種目の代表6選手を発表、男子ケイリンは発祥国として地元五輪で悲願の金メダルを狙う競輪選手の脇本雄太(31)と新田祐大(34)=ともに日本競輪 …続き (11:28)

 【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボールNBAは、新型コロナウイルスの影響で3月中旬から中断しているシーズンを、7月31日前後から22チームで再開する案を選手会に提示した。AP通信が3日、報じた …続き (9:11)

ハイライト・スポーツ

[PR]