/

プロ野球、沖縄組も無観客でキャンプインへ 知事が要請

沖縄県内で2月1日にキャンプインするプロ野球8球団は20日、沖縄県知事からの要請を受け、新型コロナウイルス感染拡大のため発出された政府の緊急事態宣言と沖縄県独自の緊急事態宣言の双方が解除されるまで無観客で行うと発表した。宮崎県内でスタートする球団に続き、12球団全てが無観客でキャンプを迎えることが決まった。

沖縄県内でキャンプインするのは阪神、中日、DeNA、広島、ヤクルト、ロッテ、楽天、日本ハムの8球団。ロッテは離島の石垣市で行うこともあり、14日に先行して無観客で実施することを発表していた。

沖縄県の玉城デニー知事は19日の記者会見で、2月7日までの県独自の緊急事態宣言中はキャンプを無観客にするよう要請することを明らかにした。双方の宣言が解除された後に観客を入れるかどうかは、各キャンプ地の自治体と協議して決める。

巨人も那覇市で6日に一部主力選手がスタートし、16日から1軍の本隊が2次キャンプに入る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン