/

J1浦和、大槻監督が退任へ 後任候補にJ2徳島ロドリゲス氏

J1浦和は25日、昨季途中から指揮を執る大槻毅監督(47)が今季限りで退任すると発表した。来季の新監督として、J2徳島のリカルド・ロドリゲス監督(46)に候補を一本化している。

浦和は今季ここまで13勝6分け11敗の9位。優勝争いには絡めず、目標に掲げるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得も厳しい状況に立たされている。

育成年代の指導や分析担当のコーチなどを務めた大槻監督は昨季5月に就任し、ACLでは準優勝に導いた。クラブを通じ「目の前にまだ4試合大切な試合がある。私に課せられた仕事を全うする」とコメントした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン