スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

平幕阿炎、引退届を提出 協会は受理せず処分協議

2020/8/5 12:47
保存
共有
印刷
その他

阿炎=共同

阿炎=共同

新型コロナウイルス禍の中、外出しての会食が発覚して大相撲7月場所を途中休場した東前頭5枚目の阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=が日本相撲協会に引退届を提出したことが5日、分かった。関係者によると、受理はされておらず、6日の理事会で処分が協議される。

相撲協会によると、元小結の阿炎は違う部屋の幕下以下の力士らと場所前と場所中の2度、会食。いずれも「夜の店」とされる接待を伴う飲食店だった。相撲協会は新型コロナ感染防止対策のガイドラインに不要不急の外出を控えるよう記している。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の判断で7日目から休場した。

阿炎に発熱があったが抗原検査で陰性だった。過去に会員制交流サイト(SNS)への不謹慎な動画投稿や、協会研修会後の不適切な発言で厳重注意を受けている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、再十両4人を発表した。新十両はいなかった。
 右膝の大けがで幕内から序二段まで落ちた業師の宇 …続き (12:23)

大関昇進の伝達を受け、記念撮影する正代(手前右から2人目)。1列目左から時津風親方のおかみさん、枝川親方、1人おいて鏡山親方。2列目左から4人目は父の巌さん。同5人目は母の理恵さん(30日、東京都墨田区の時津風部屋)=代表撮影

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一 …続き (11:45)

 大相撲の時津風親方(元幕内時津海)が急性すい炎のため、30日に予定されている弟子の関脇正代の大関昇進伝達式を欠席することになった。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が29日、明らかにした。 …続き (1:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]