/

全米テニス、男子単の日本勢は姿消す 杉田など敗退で

【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン第2日は1日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス1回戦で世界ランキング49位の西岡良仁(ミキハウス)は2012年大会覇者のアンディ・マリー(英国)に6-4、6-4、6-7、6-7、4-6で逆転負けした。

男子シングルス1回戦でアンディ・マリーに逆転負けした西岡良仁(1日、ニューヨーク)=AP

ダニエル太郎(エイブル)はグレゴワール・バレール(フランス)に3-6、4-6、6-3、1-6で敗れた。添田豪(GODAI)は第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に6-7、1-6、4-6で屈した。杉田祐一(三菱電機)はウーゴ・アンベール(フランス)に3-6、4-6、3-6で敗れ、同種目の日本勢は姿を消した。第2シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は2回戦に進んだ。

女子シングルス1回戦で日比野菜緒(ブラス)は第10シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)に4-6、4-6で敗れた。奈良くるみ(安藤証券)はパトリシアマリア・ティグ(ルーマニア)に1-6、0-6で屈した。第3シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は全米のシングルスで単独最多の通算102勝目をマークし、第2シードのソフィア・ケニン(米国)も順当勝ちした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン