/

バド、9月のジャパンOP中止 新型コロナ影響で

日本バドミントン協会は29日、新型コロナウイルスの影響で、9月22~27日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催予定だったジャパン・オープンを中止すると発表した。海外からの入国制限の状況、選手や関係者の安全確保などを総合的に検討した結果という。

3月中旬から中断しているワールドツアーで、ジャパン・オープンは全英オープンなどに次いで格付けが高い。昨年大会はシングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)が2連覇を果たし、女子は山口茜(再春館製薬所)が優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン