/

大坂ストレート負け、8強ならず BNPパリバOP

【インディアンウェルズ(米カリフォルニア州)=共同】テニスのBNPパリバ・オープンは12日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、女子シングルス4回戦で第1シードの大坂なおみ(日清食品)は第23シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に3-6、1-6で屈し、ベスト8入りはならなかった。WTAツアーによると、大坂は大会後の世界ランキングで1位を維持する見通し。

2連覇を狙った大坂は2月のドバイ選手権優勝のベンチッチの安定したリターンとストロークに押された。

男子シングルス3回戦で第6シードの錦織圭(日清食品)は世界67位のフベルト・フルカチュ(ポーランド)に6-4、4-6、3-6で逆転負けし、16強入りを逃した。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)も敗れる波乱があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン