/

PL学園、硬式野球部を今夏後休部へ 甲子園7度優勝

春夏の甲子園大会で計7度の優勝を誇る高校野球屈指の名門、PL学園(大阪)が17日、硬式野球部を今夏の大会を最後に休部させる方針であることを明らかにした。同校事務局が「廃部ではなく休部という形になると思う。その先のことは分からない」と説明した。

PL学園は新入部員の募集を停止しており、現部員は2年生のみ。1980年代には桑田真澄、清原和博らを擁して高校球界で圧倒的な強さを発揮したが、2009年夏を最後に甲子園出場がない。同校事務局は、一部で報じられた17年度の募集再開についても「決まっていない」と述べた。

新監督として同校事務職員で剣道部OBの川上祐一氏(41)の就任が発表された。13年10月から2代続けて校長が兼務した有名校の監督を、またも本格的な野球経験のない人物が務めることになった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン