プロ野球

日本ハム、栗山監督の続投決定 球団最長9年目に

2019/10/2 11:21
保存
共有
印刷
その他

日本ハムの栗山英樹監督(58)が来季も指揮を執ることが2日、決まった。東京都内の日本ハム東京支社で畑佳秀オーナーに今季の報告を行った席上で1年の契約延長に合意し「応援してくれる人に、勝って喜んでもらう。その一点だけ考えてやる。優勝しかない」と決意を新たにした。来季で9年目となり、連続では1976~83年の大沢啓二監督を抜き球団最長となる。

畑佳秀オーナー(右)に今季の報告をする日本ハムの栗山監督(2日、東京都内の日本ハム東京支社)=共同

畑佳秀オーナー(右)に今季の報告をする日本ハムの栗山監督(2日、東京都内の日本ハム東京支社)=共同

3年ぶりの日本一を目指した今季は開幕前から故障者が続出し、首位と0.5ゲーム差で迎えた8月には球団の月間最多に並ぶ20敗を喫して5位に終わった。畑オーナーは「来季、巻き返しを図るためにチームを引っ張ってもらいたい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

DeNAの新入団記者会見でラミレス監督(右)と握手を交わす森敬斗内野手(22日、横浜市)=共同

 DeNAは22日、横浜市内のホテルで新入団7選手の記者会見を行い、ドラフト1位の森敬斗内野手は「ベイスターズの一員になれたと同時に責任感も感じる。全力プレーで感動を与える選手になりたい」と意気込んだ …続き (22日 21:41)

 楽天の浅村栄斗内野手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、年俸5億円でサインした。4年総額20億円程度の契約を結んでおり来季が2年目となる。国際大会「第2回プレミア12」では日本代表の …続き (22日 19:02)

楽天の新入団記者会見でポーズをとる(前列左から)福森耀真投手、津留崎大成投手、小深田大翔内野手、黒川史陽内野手、武藤敦貴外野手、(後列左から)沢野聖悠内野手、小峯新陸投手、水上桂捕手、滝中瞭太投手、江川侑斗捕手、山崎真彰内野手(22日、仙台市)=共同

 楽天は22日、仙台市内で育成選手を含む新入団11選手の記者会見を行い、ドラフト1位の小深田大翔内野手は開幕戦先発出場を目標に掲げ「アピールポイントは足。どんどん走って好機をつくりたい」と意気込んだ。 …続き (22日 16:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]