/

羽賀「負けたら終わり」 柔道男子代表、GSパリへ出発

出発前に柔道のグランドスラム・パリ大会へ意気込みを話す羽賀龍之介(5日午前、成田空港)=共同

柔道の東京五輪代表選考会の一つ、グランドスラム(GS)パリ大会(8、9日)に出場する男子日本代表が5日、成田空港から出発し、2016年リオデジャネイロ五輪100キロ級銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)は「全階級で最後のふるいにかけられている。負けたら終わりの状況」と強い覚悟を示した。

28歳の羽賀は昨秋のGS大阪大会を制したが、代表争いでは1番手を追う立場。「結果を残すことが求められている」と言い切った。81キロ級で一昨年世界選手権2位の藤原崇太郎(日体大)は「内容も結果も求めていく」と意気込んだ。

五輪代表選考は第2段階に入り、今大会とドイツでのGSデュッセルドルフ大会(21~23日)が重要となる。日本男子の井上康生監督は両大会を見据え「結果次第で代表が決まる可能性が出てくる。選手たちは置かれた立場を理解して準備しただろう」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン