/

瀬戸、2種目で銅メダル獲得 競泳世界短水路

【ウィンザー(カナダ)=共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権は6日、カナダのウィンザーで開幕し、男子の瀬戸大也(JSS毛呂山)が銅メダル2個を獲得した。

200メートル個人メドレーの瀬戸は1分52秒89の3位、藤森丈晴(ミキハウス)が7位だった。200メートルバタフライで瀬戸は1分49秒97で3位となり、兵庫・西脇工高3年の幌村尚(ナイスSP)が8位だった。

女子400メートルリレーの日本(池江、山根、大内、青木智)は5位。第1泳者の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は52秒16で泳ぎ、自身が持つ100メートル自由形の高校記録を更新した。男子400メートルリレーの日本(塩浦、伊藤、松井、松元)も5位だった。女子400メートル個人メドレーの大橋悠依(東洋大)は4分33秒07で6位。

男子100メートル背泳ぎ準決勝で古賀淳也(第一三共)が8位となり、7日の決勝に進んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン