/

蒼国来と臥牙丸が再十両に 初場所番付編成会議

日本相撲協会は28日、福岡国際センターで大相撲初場所(来年1月13日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、元幕内の蒼国来(34)=本名恩和図布新、中国・内モンゴル自治区出身、荒汐部屋=と元小結の臥牙丸(31)=本名ジュゲリ・ティムラズ、ジョージア出身、木瀬部屋=の十両昇進を決めた。蒼国来は3場所ぶり、臥牙丸は2場所ぶりの復帰。新十両力士はいなかった。

年寄「佐ノ山」を襲名した元幕内里山や、大嶽親方(元十両大竜)の知人の車を運転して事故を起こし警察に報告しなかったとして、道交法違反(事故不申告)の罪で略式起訴された神嶽ら7人の引退も発表された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン