スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

高安休場で4大関全員不在 名古屋場所、昭和以降初の異常事態

2019/7/17 12:14
保存
共有
印刷
その他

大相撲の西大関高安(29)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が名古屋場所11日目の17日、日本相撲協会に「左肘関節内側側副靱帯断裂で約1カ月間の休養加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。8日目(14日)の関脇玉鷲戦で負傷していた。

14日の大相撲名古屋場所8日目、玉鷲(右)に左肘付近を攻められ、顔をゆがめる高安(ドルフィンズアリーナ)=共同

14日の大相撲名古屋場所8日目、玉鷲(右)に左肘付近を攻められ、顔をゆがめる高安(ドルフィンズアリーナ)=共同

これで4大関全員が不在の異常事態に陥った。相撲協会広報部によると、4大関以上が不在となるのは昭和以降初めて。

師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「相撲で力が出ない状況だった。次の場所に間に合うように治療をさせたい。名古屋のファンの方々のことを考えると本当に申し訳ない」と話した。

今場所の大関陣はかど番の貴景勝が初日から休み、不振の栃ノ心、豪栄道は途中休場した。

高安は10日目に平幕明生を下し、勝ち越した。休場は昨年夏場所以来5度目。11日目の対戦相手、横綱白鵬は不戦勝。

西前頭15枚目の魁聖(32)=本名菅野リカルド、ブラジル出身、友綱部屋=も相撲協会に「右上腕二頭筋断裂で約1カ月間の休養加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。先場所に負傷し、今場所は10日目まで1勝9敗と不振で来場所は十両転落が確実な状況。休場は2場所連続5度目。11日目の対戦相手、平幕阿武咲は不戦勝。今場所の十両以上の休場は7人となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

徳勝龍(奥)が正代を突き落としで破る

 福々しい丸顔をキュッと引き締め、土俵上で徳勝龍が小さく勝利の雄たけびを上げた。優勝争いの意識は「全然ない。いつも通り」と口にはしても、この白星の持つ意味を考えれば平静でいられるはずがない。貴闘力以来 …続き (25日 22:12)

徳勝龍(奥)が突き落としで正代を破る(25日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所14日目(25日・両国国技館)幕尻の徳勝龍が1敗で並んでいた正代との平幕対決を突き落としで制し、単独トップに立った。大関貴景勝が新関脇朝乃山に上手投げで敗れて3敗に後退したため、賜杯の行 …続き (25日 19:48)

(東) (西)
琴奨20―20栃煌
霧馬0―0千丸
剣翔1―0照強
千大3―11魁聖
佐海4―2琴恵
隆勝1―0勢 
宝富2―1志摩
輝 1―1炎鵬
隠岐0―0東龍
玉鷲0―1石浦
正代7―9御嶽
北富0―1豊山
栃心12―1 …続き (25日 19:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]