サッカー

元なでしこの大野忍が引退へ W杯優勝や五輪「銀」に貢献

2020/2/5 12:21
保存
共有
印刷
その他

大野忍=共同

大野忍=共同

サッカーの元女子日本代表FW大野忍(36)が現役を引退することが5日、関係者の話で分かった。日本代表「なでしこジャパン」の一員として2011年女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会優勝や15年カナダ大会準優勝、12年ロンドン五輪銀メダル獲得などに貢献した。

代表として通算139試合に出場し40得点。昨季限りでプレナスなでしこリーグのノジマステラ神奈川相模原を退団していた。なでしこリーグでは歴代最多の182得点をマークした。

日テレやINAC神戸など複数のクラブを渡り歩き、リヨン(フランス)やアーセナル(イングランド)と海外でもプレーした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1神戸の三浦淳寛新監督(46)が25日、神戸市内での練習後にオンラインで取材に応じ、初采配となる26日の札幌戦(ノエスタ)に向けて「やると決めたからには覚悟を持って、ヴィッセルのために全力を尽くし …続き (13:01)

 サッカーの欧州リーグ予選3回戦は24日、各地で行われ、森岡亮太の所属するシャルルロワ(ベルギー)が浅野拓磨のパルチザン(セルビア)を延長の末に2―1で下した。森岡はフル出場し、浅野は延長後半5分に交 …続き (10:22)

 【ベルリン=共同】サッカーの欧州スーパーカップは24日、ブダペストで行われ、昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)覇者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が昨季の欧州リーグ王者のセビリア(スペイン)を …続き (8:44)

ハイライト・スポーツ

[PR]