2018年1月21日(日)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱鶴竜、九州場所を休場 けがで4場所連続

2017/11/8 12:19
保存
共有
印刷
その他

 大相撲の西横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が8日、九州場所(12日初日・福岡国際センター)を休場することが決まった。今場所は全休する。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、7月の名古屋場所で負った右足首痛に加え、数日前から腰痛を併発していた。8日付で「腰部挫傷、右足根骨剥離骨折後により約3週間の治療を要する見込み」と診断された。休場は先場所の全休を含み4場所連続で、今年は5度目となる。

 鶴竜関は10月の秋巡業を皆勤するなど出場に前向きの意向を示していたが、回復が思わしくなく、6日から稽古ができていなかった。井筒親方は「稽古の貯金が足りず、焦ってやっていた。今の段階で3日間まわしをつけられない状況で出場するのはかえって無責任。本人もじくじたる思いだと思う」と話した。

 次に出場する場所で進退を懸けるとしており、同親方は「(来年)1月の初場所に向かって頑張りたい。最後の場所のような気持ちで臨みたい」と述べた。4横綱は2場所連続で初日からそろい踏みとならず、全員の皆勤は5場所目の今場所も実現しなかった。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

鶴竜井筒親方九州場所今場所

相撲 一覧

鶴竜(奥)が上手出し投げで正代を下す(21日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所8日目(21日・両国国技館)横綱鶴竜が平幕正代を上手出し投げで退け、初日からの8連勝で勝ち越しを決めた。関脇御嶽海が逸ノ城に寄り切られて初黒星を喫したため、鶴竜が単独トップに立った。
 大 …続き (19:04)

(東) (西)
阿炎0―0朝山
石浦1―2大栄
豪風5―1錦木
蒼国0―0竜電
大奄1―0千丸
松鳳0―3輝 
豊山0―0千国
千翔2―1琴勇
大丸2―1勢 
宝富7―10栃煌
魁聖3―6遠藤
千大5―4隠岐
嘉風6―22琴奨 …続き (18:18)

(勝)       (負)
阿 炎 突き出し  大奄美
豊 山 突き落とし 豪 風
蒼国来 上手投げ  石 浦
 輝  上手投げ  朝乃山
竜 電 寄り切り  琴勇輝
大翔丸 押し出し  錦 木
大栄翔 押し出し  …続き (18:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]