2018年8月17日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱鶴竜、九州場所を休場 けがで4場所連続

2017/11/8 12:19
保存
共有
印刷
その他

 大相撲の西横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が8日、九州場所(12日初日・福岡国際センター)を休場することが決まった。今場所は全休する。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、7月の名古屋場所で負った右足首痛に加え、数日前から腰痛を併発していた。8日付で「腰部挫傷、右足根骨剥離骨折後により約3週間の治療を要する見込み」と診断された。休場は先場所の全休を含み4場所連続で、今年は5度目となる。

 鶴竜関は10月の秋巡業を皆勤するなど出場に前向きの意向を示していたが、回復が思わしくなく、6日から稽古ができていなかった。井筒親方は「稽古の貯金が足りず、焦ってやっていた。今の段階で3日間まわしをつけられない状況で出場するのはかえって無責任。本人もじくじたる思いだと思う」と話した。

 次に出場する場所で進退を懸けるとしており、同親方は「(来年)1月の初場所に向かって頑張りたい。最後の場所のような気持ちで臨みたい」と述べた。4横綱は2場所連続で初日からそろい踏みとならず、全員の皆勤は5場所目の今場所も実現しなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

東日本大震災からの復興を祈願し、土俵入りを披露する横綱稀勢の里=中央(13日午後、仙台市)=共同

 大相撲の稀勢の里関と鶴竜関の2横綱が13日、東日本大震災からの復興を祈願し、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅で横綱土俵入りを披露した。
 見物した約550人の拍手を受けた稀勢の里関は「( …続き (13日 15:45)

ファンにサインをする白鵬(12日、仙台市)=共同

 大相撲の夏巡業は12日、仙台市で行われ、右膝痛を抱える横綱白鵬が手術を回避したことを明らかにした。投薬治療で様子を見る意向で「爆弾を抱えているのは間違いない。ただ、そんなに(動かすのが)邪魔なところ …続き (12日 20:29)

母校の長山中学校で野球部の後輩らと記念撮影する横綱稀勢の里(9日午後、茨城県龍ケ崎市)=共同

 大相撲の夏巡業が9日、茨城県龍ケ崎市で行われ、8場所連続休場中で同市の小、中学校に通った横綱稀勢の里が復活へ思いを語った。始まるまで1カ月となった秋場所(9月9日初日・両国国技館)に向け「また活躍で …続き (9日 18:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]